シニア犬のドッグフードを変えてみた

我が家のワンちゃんは、7歳で世間一般ではもうすでにシニア犬らしい。

人間で言うと、40歳すぎくらいなのでシニアというより、まだまだ早い様な気がするけど、犬にとっては立派なシニアなので、そういう自覚をする事が犬の健康に繋がる事を最近知りました。

なぜシニアと言う事にを自覚しないといけないのかというと、うちのワンちゃんは最近はドッグフードを食べなくなってしまったんです。

それで、おかしいなと思い、色々調べてみると犬も7歳を過ぎたら、シニアの部類に入るのでエサをシニア用に変えた方が良いという事が分かったんです。

そこでうちの犬に合ったドッグフードを考えてみました。

まず、うちの子はトイプードルですので小型犬です。そして7歳なのでシニアの部類になる。

すなわち、小型犬の老犬に特化したドッグフードはないかと探してみた所、たどりついたのは馬肉自然づくりというドッグフードでした。

このドッグフードは、小型犬のシニアに特化した作りになっています。

新鮮な馬肉を使った栄養たっぷりで低カロリーのフードなので、安心して与えられそうです。

どこで見つけたのかと言うと、こちらでした⇒馬肉 ドッグフード 口コミ

このドッグフードに変えてからは、うちのワンちゃんもびっくりするくらいにパクパク食べるようになりました。しかもおねだりもするんですよ!

こんなことならもっと早くに、馬肉自然作りに変えてあげれば良かったです。

しかし、何よりも食欲が戻ったばかりか、元気まで戻ったので、このドッグフードに出会えて本当に良かったと思います。

このまま続けさせたら毛並みも良くなってくれるかも?と期待しています。